Q&A

よくあるご質問

 Q1 1人で訪問すると思うのですが、1人で責任を負うのですか?

 A1 当ステーションでは受け持ち制を基本としたチーム看護体制を取って
    おります。計画書や報告書などの書類は受け持ちが責任をもって
    管理しますが、訪
問は、複数のスタッフが交代で行います。
    複数の目があることで情報共有も図れますし、緊急時の対応もスムーズに
    なります。また、困難ケースや、負担の大きい場合は一人で抱え込まない

    ような体制を敷いております。
    木曜日の午後には、カンファレンスの時間を設け、事例検討や研究、

    記録の整理や計画の見直し等の時間にあてています。

 Q2 子供が小さいので、発熱など急な休みもあると思いますが、子育て

    しながら働けますか? 

 A2 当ステーションでは子育て中のスタッフも多く、それ以外のスタッフも

    含めて希望の休みは100%取得できるように調整しています。
    お子様の事情で、余儀なく休まざるを得ない時でも、お互いが助け合い
    の精神を持って、協力
しあっています。また、働き方は、常勤・パート・
    扶養内など、フレキシブルに対
応しています。
    ご希望に合わせた勤務体制を組んでいきますので、どうぞ、
お気軽に

    ご相談下さい。 → ご相談は、こちらへどうぞ

 Q3 在宅の経験が全くないのですが、勤務可能でしょうか?

 A3 当ステーションでは、様々な研修制度を取り入れており、プリセプター

    シップも導入しており、丁寧な指導を受けることが可能です。
    在宅の経験が
全くない方でも、ご心配はいりません。

    → 研修体制詳細は、こちらへどうぞ

 Q4 運転免許は必要でしょうか?

 A4 訪問の範囲は、自転車で訪問が可能です。運転免許がなくても問題はあり
    ません。

 Q5 24時間対応体制とは、どのような体制なのでしょうか?

 A5 常勤の看護師は夜間待機電話での対応当番が数日/月あります。待機
    電話は2台あり、常に二人が待機しています。看護師が対応した方が良い
    という事態が発生した場合は、夜間でも訪問看護に伺います。実際に待機

    電話にコールがあり、夜間や休日に訪問するのは、数回/月程度です。

    日中のケアを丁寧に行い、予測の視点を持って看護やリハビリをし

                ていますと、夜間のコールは、そんなに多いものではありません。

    ケアマネージャーも定期的に相談用の電話の待機があります

    リハビリ職員と介護職員、事務職員には待機電話の当番はありません。

豊富な研修制度が魅力です

 

看護師として、
リハビリ専門職として、
介護支援専門員として
働く上での研修を協力に
サポートします。
      安心して働ける職場を
    提供します

 

 当ステーションでは、ノルマ

 制は、取り入れておりません

 利用者の状況に応じて給与
 が変わることはありません。
 年間を通して、安定した収入

 を得ることができます。

 

 また、利用者の必要に応じた

 適切なサービス提供を心がけ

 ております。不当な訪問を強

 いられることはありません。

川崎市川崎区大師駅前1-5-4


川崎市川崎区 砂 子1-5-4


川崎市川崎区大師駅前11-2-9

  • icon
見学のご希望は
川崎大師
訪問看護ステーション
担当:島田・古川・山中
044-266-2180

© 2023 by Maple Park Family Practice. Proudly created with Wix.com